石垣島の行事・イベント情報

日々の生活の中での気まぐれブログ・お客様の声・地元ならではのイベント情報など発信しています。

2019年10月29日〜31日 西表島 節祭(シチィ)

shichi

節祭(シチィ)は八重山の各地で行われる行事で、季節の折り目、年の折り目を表す祭りです。
当年の豊作を感謝するとともに来年の豊饒と人々の平安を祈願します。

その中でも西表島の祖納(そない)と干立(ほしだて)地区の節祭は500年の歴史を持つと言われ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

特に2日目(10月30日)の世乞(ゆうくい)が見所です。
世乞(ゆうくい)では「海の彼方から豊年を漕ぎ招く」と言い伝えられている舟漕ぎ競争や、種々の芸能が繰り広げられます。
ツカサたちは各御嶽(うたき)で世乞いの祈願を行い、公民館に集合してそこから前泊の浜へ旗を先頭に船子、ミリク行列、節アンガーなどが行列していきます。
浜に到着すると船を海に浮かべ、「ヤフヌティ」と称する櫂踊りが踊られる。
その後ミリクの行列行進などがあり、「船漕ぎ競争」となる。
浜ではドラや太鼓の打奏に合わせて手を振り上げて応援する(ガーリと称する)。
勝った方の船頭は浜に上がり「バチカイ(早使い)」の口上を述べ、引き続き「リッポー(牛狂言)」「ルッポー(馬狂言)」他の早口にしゃべりながらの一人狂言が演じられる。
続いて黒布で頭をすっぽり覆ったフダチミと称する二人を中心にして、黒の上衣(スデナと称する)に水色の鉢巻をした婦人たちが輪を作り、優雅に「節【しち】アンガー」を踊る。
この後「棒技」「獅子舞」があり、最後に棒や櫂を肩にかついだ船子たちの「節【しち】アンガー」踊りを踊って終了します。

※祖納節祭・干立節祭、どちらもほぼ同様な内容です。

【西表島祖納の節祭】
ぷちハウスからのアクセスは離島ターミナルまで徒歩13分
西表島上原港行き高速船に乗船、西表島上原に着いたら祖納公民館までレンタカーで14分

開催日時/節祭2日目の世乞(ゆうくい) 2019年10月30日(水)
場所/祖納公民館・前泊の浜

【西表島干立の節祭】
ぷちハウスからのアクセスは離島ターミナルまで徒歩13分
西表島上原港行き高速船に乗船、西表島上原に着いたら干立公民館までレンタカーで13分

開催日時/節祭2日目の世乞(ゆうくい) 2019年10月30日(水)
場所/干立公民館

2019-08-30 | Posted in 石垣島の行事・イベント情報Comments Closed